星月夜

これで本当にお見送り。
パン屋をはじめて、8回目の春。
数々のスタッフとの出会いとお別れがある中で、この春3人の学生をお見送りする。
淋しくもあり、旅立ちを見送れる事に幸せも感じる。
彼女たちの、特にこの一年間においては意識の中にひっそりと、芽がふき始める瞬間を各自の、
それぞれのタイミングにおいて見ることができた。
見守りながら それに気づけたことは良かったと思っている。
見守ること。
それが私にとって、必要な学びだったと思っている。

ゴッホの「星月夜」という絵がある。
印象派後期の画家 ゴッホ。
精神病院に入院していた頃の1枚だというのだが、 私にはとても楽しくなる様な冬の夜空に感じる。

本当は 冬 ではないかもしれないけど。

星の輝きを、地図の上の 点と点、出発地点と目的地点と重ね合わせ、まるで明日はあそこまで行ってみよう
と夜空という地図を広げていたのではないか と思うような楽しさを感じる。
暗さなど、私には微塵も感じれない。
むしろゴッホの、深い深い心の奥底に鼓舞するものを感じるのだ。
星空の世界を豊穣な空想でうめつくしていて、特に北斎の影響と思われる渦巻き雲も楽しく、
孤独ではあったかもしれないけれど、きっとこの絵に心を満たしていたような気がする。
本人が感動しなければ、後世にまで この感動は続かないと思うのだ。

2016、冬。
春を目の前にして、この星月夜をみて、あったかいお店の中にいられることを幸せに思う。
学生だった3人の未来が、星の輝きの様に明るいものであって欲しいと願います。

DSC06957

 

 

印象派と振り返る2015

春  ギュスターブ・カイユボットの絵のように、床を磨きたいとの気持ちが強かった。
実際のカイユボットの絵は、「床の鉋かけ」であり、男性3人が上半身裸で、筋肉剥きだしで
床削りをしている絵だ。その絵が、頭の中にいつもあり、私はモップをもっていた。
古くなっていく、朽ちていくのとは違い汚れていく床が、とても許せなかった。
きっと、それだけではなくて、今までの全体の汚れ、私自身の中にも堆積していたものを
削るように、とってしまいたかったのだ思う。そんな春の「床のモップかけ」

夏  雨の多かった夏。
「パリの通り・雨」  これもカイユボットの絵。
雨に濡れた石畳・・気持ちをぐんと 落ち着かせてくれたように思う。
大学生3人の就活を見守りながら、私自身も意識の流れの真中にあるものを、今までと変えて
みようと試みた。二度と同じ失敗をしたくないと思ったからだ。
状況にコントロールされるのではなく、
状況をコントロールできるようにしようと、
カイユボットの絵の構成のように、奥行きと広がりの空間構成をイメージした夏。
「目黒の通り・雨」 黒い大きな傘はとっても安心するもの。

秋  上野で行われたクロード・モネ展へ。
20年ぶりの「印象・日の出」 と再会。
昔にはわからなかったモネの考えや手法。ブータンに見出され絵を描き始めた少年が、
青年になって再び、故郷に戻ってルアーブルの港のホテルから見たであろう 日の出。
私の秋も、そこに居合わせ、瞬間的に筆を持ち はしらせたような臨場感あふれる
そんな一日がありました。大気の揺らぎや刻々と変化する海面と、そこに反射する陽の移ろい。
それらを、全て感じ見守ったと いう日がありました。
モネは、印象を描く前にイギリスの画家ターナーの「ノラム城の日の出」に強い影響を受けていたそうです。
私自身記憶の中にも同じ様な 「ノラム城の日の出」があったから見守れたのかも知れません。

冬   冬がはじまり,これからどんな絵をイメージしていくのか 楽しみです。

フランスの印象派の画家ギュスターブカイユボットも 、クロードモネも、私からみてとても豊かな人
というイメージがあります。
豊かさとは、同時に暖かさや ゆとりや、やさしさ をも含まれている気がします。
私の憧れです。
唐突な振り返りではありましたが、季節ごとにまとめてみました。
美術も芸術も料理もパンも、人のつくるものです。
どんな人物が、どんな時代に、どんな気持ちで って考えると、偉大な人も、とっても身近です。

DSC02679

太陽と北風

DSC02993

太陽と北風のお話
旅人の上着を脱がせようと、太陽と北風の勝負!
北風が力いっぱい冷たい風を旅人に吹く。
旅人は、冷たい北風から上着が脱げないように必死につかんでいる。
今度は太陽の番。
やさしい、あたたかい陽のひかり。
とうとう旅人は汗をかきながら 上着を脱いでしまう。

力比べは、太陽の勝ち!
強引で力づくよりも、相手の気持ちに寄り添いながら。
その方が絶対にやさしい。

きっとそういうことが、一番大事なことだと思う。

花ひらく

就活が終わった。
3人の大学4年生の就職活動。
春、夏、秋 と 移ろう季節の中で どんな気持ちの変化を経て今があるか。
どの子にも浮き沈みはあり、 両親の気持ちのように、 見守ってきた。

何年前になるだろう。
男子学生、1年生から4年生の 秋くらいまでだったか、スタッフとしていてくれた。

彼の就活の際、私は、不用意な言葉で彼を傷つけたのだと思う。
そのことが、心の中にずっとあり 今年を迎えていた。
二度と同じ過ちはくり返してはならない。
神様は、よりによって3人も 就活生を 私に与えてくださっている(笑)!

正しい姿勢と、純粋な気持ちで 応援するしかなかったのだが、
3人とも それぞれの道をみつけていた。
ほっとした 秋を、  実りの秋を 迎えている。

一緒にサンドイッチを詰めながら話した事や、スライスした食パンを並べる 朝も、はじめて掃除機をかけた事も
ラスクを見た目良しに、同じグラムに詰める事も、 テーブルを頭に思い描きながらCaféにお客様を案内する事も
なにか ひとつ、それぞれの未来に役だつ事を 願っている。

最近、訪れてくれた かつて大学院生だった女の子が、赤ちゃんを連れてきてくれたように この子たちにもそんな日が・・・
と想像しながら、春には見送りたいと思います。

抱擁

目黒川の桜がきれいに咲いている春。
休みの日になると朝市に出かける 最近。
野菜もたっくさん、お菓子や、お花も買う。
でも、あまりに早すぎでお店の方と会話を楽しむほど自分の中でテンションがあがっておらず。
コーヒーやさんで、コーヒーを飲みながら、混んでいる店内を見まわし、
なんでこんなに?朝早くどこから集まってくるのだろう・・・・・と感心しながら 自分もその一人。

それでも、そんな一日の始まり故、持ち帰った野菜でスープをつくり頂けると なんとも豊かさを感じる。

そんな春の一日こそ 抱擁なのかもしれない。

ヤモリ、カエル、モンシロチョウ

今から20年前の初めてのフランス土産に、ワインをたくさん日本に持ち帰った。
家族で、アルザスのリースリングを飲んでいると、まだ20歳の弟は 「モンシロチョウの味がする」と
言った。
ソムリエならば、花の様な上品な甘みと・・・・と続くところ、弟は モンシロチョウに 例えたのだ。
そして、それを理解するわたしも、  まさに ヤモリ、カエル、モンシロチョウで
そう理解できる場所で育ったということだった。

年の始まり1月を 丁寧に過ごす。
なんだか、あの20年前にパリのNICOLAで買ったワイン、 弟の部屋でねかせているモンシロチョウ。
無事に1月過ごせたから 開けてみたい!

暮れのご挨拶

2014年を振り返って。

今までの年で一番ゆとりをもって過ごせた年でした。
新しい事に挑戦するというより、毎月毎月を 丁寧に過ごせたのだと思うのです。
重ねた時間が そうさせたのかも知れません。
大きな揺れなく、 穏やかに過ごせたのも スタッフのおかげではないかと思っています。
時々、思うのです。
愛情を育てるのは難しい と。
しかし、時に 最初から愛情をもったスタッフに恵まれることがあります。
神様は たくさん試練をお与えになりましたし、たくさん お教え下さいました。(笑)
今、大学3年生のスタッフが3人います。
この子たちが、卒業し社会人になるまでの期間 いいステップになれるような場所であったらいいな
と思います。

12月に入り、この紐と出会います。
シュトーレンや、クリスマスクッキーのラッピングに使いました。
ネパールのシルクの紐です。
この紐を、選んだ自分に 、出逢えた自分に、
私は、まだまだやれる、大丈夫! (笑)と 変な自信を持ったりしております。

きっと来年も、忙しく飛び回る日々だと思います。
そんな時に 神様は わたしの洋服をドアノブにひっかけます。「あわてない、あわてない」
と、言いながら。
笑って私も その言葉を聞きます。

先々こうでいたい自分、こうありたい自分を、想像しながら
来年も、応援してくださる皆さまと ジャンティ-ユを スタッフと共に盛り上げていこうと思います。

まだ、あのアンティークのドアを開けたことがない方にも、来ていただき 入った瞬間
「タイムトラベル 」  出来るような素敵な パン屋でありたいと思います。
お待ちしてますね。                                           gentille-

タイム・トラベル

街の外れの旧い館が君の店
日の暮れる頃 バゲットの隣で
ランプの下 君は無言の手招きさ
アンティークのドアを開けたよ

舟に降り立つ翼ドノンに君は立ち
下弦の月に照らされてたよ
北極星の真下に尖る ピラミド
光の船を君はさす

時間旅行のツアーはいかが いかがなもの?
アントワネットの衣装の君が
時間旅行のツアーはいかが いかがなもの?
そう囁いた ああ夢の中 ああ夢の中

黒い自動車すれちがいざまマシンガン
ニューヨークではお祭り騒ぎ
旧いラジオが奏でだすのはチャールストン
FBIもタップ・ダンス

時間旅行のツアーはいかが いかがなもの?
ジャンヌダルクまがいの君が
時間旅行のツアーはいかが いかがなもの?
旗を片手に ああ夢の中  ああ夢の中

最後の部屋は 木漏れ日そそぐ2階の席
白いお皿に思い出の日々
やさしい時間がグラスの中で 泡となり
やがて小さな点に 消えたよ

時間旅行のツアーはいかが いかがなもの?
突然夢がそこで途切れた
時間旅行のツアーはいかが いかがなもの?
ここは東京 君の手の中 君の手の中

時間旅行のツアーはいかが?

大人の流儀

どうやら ひと雨ごとに季節は深くなる。
春には春の
夏には夏の
秋には秋の
冬には冬に。
知らずのうちに 雨が様子を変える。

人のこころも ひと雨ごとに深くなって大人になっていくのだとしたら 雨もわるくない。

ずっと自分の中にも葛藤があった。
人が人を許す ということ。
そんな私だから本屋さんで、思わず手に取ったのだ。
その方の本を、少し前に読んでいた。
「いねむり先生」という本だったので、その方の過去と現在を 繋ぎ合わせるような形になった。

「許す力」 という現在を 手にし ずっと欲しかった答えを頂いた気がしている。

サッカー日本代表のキャプテンがワールドカップ前に 旧キャプテンとの対談をしたなかで
キャプテンであるがゆえの苦悩を語る中、現在のキャプテンは 「誰に 相談できるわけでもなかった」 と言っていて
それが、とても印象的だった。
たしかに、 本当にそうだったんだと 思った。
わずかな時間の対談で、現在のキャプテンは、旧キャプテンに 答えを頂き、考えていた内容は間違ってない
ことを確信し、晴れてワールドカップに臨むことができた。
大切な時間だったに違いない。
妥協ではなく 犠牲をはらう というのが二人が思う答えだった。

「許す」ということ。

大切なのは、許せないものを わざわざ目の前にひっぱりだして凝視しないこと。
許せない自分だけ が ダメな人間ではなく 皆それをかかえて生きていることを知ることである。
いつか許せば、それはそれで生きる力になるのだろうが、
許せないものも 人のこころの中で 何かしらの力になっている気がする。
という作者の言葉だった。

パン屋さん なにが許せないんだろう・・・・・(笑)そうは 考えないで欲しいのだが、ずっと考えていたことの答えを、
雨降る中 読んだ本に見つけました。
と同時に あの時 晴れやかに笑ったキャプテンの顔が浮かんだのだ きっと。

ひと雨ごとに季節は深くなる。
人のこころも ひと雨ごとに深まっていくのだとしたら 雨もわるくない。

クリストファーロビンを探せ!

「プー、  君に言わなくちゃいけないことがあるんだ」

「それ いいこと?」

「あんまりいいことじゃない」

「じゃあ  待ってて」

「待っててって  いつまで?」

「いつまでも ず―っと」

ある晴れた秋の始まりの日に いつもの場所で いつもの時間 。
百エーカーの森での、くまのプーさんとクリストファーロビン。

秋がやってくると 久しぶりにみたくなる映画「クリストファーロビンを探せ」。
プーが 窓をあけて 突然今日から秋が始まったことを喜んだみたいに、
今年の秋、私も そんな風に秋が始まった気がしていた。

私にとっても、8回目の秋。
いつもの場所で、いつもの時間、いつもの君がいて、君と僕が僕たちになるとき と 同じ様に。
きっと その事が一番大事で。

君がいて、少しのハチミツと、ゆかいな仲間たちと。
穏やかな 秋 をお祝いしたい。

Search

Category

Archive

  • ホームページはこちら
  • ジャンティーユ Facebookページ
著作権について
当ブログ内コンテンツ(画像・写真など)はgentilleが所有しており、著作権はこれを放棄しておりません。これらを許可無く変造、複製、転載、掲載等使用することはお断りいたします。

ページTOPへ